歯を白くする方法

歯を白くする方法には、歯磨き粉で白くしたり、歯医者さんでホワイトニングを行ったり、自宅で出来る歯を白くする方法を実践するなどの方法があります。
歯が黄ばむ原因としては、タバコのヤニ、コーヒーやワインなどの着色汚れ、歯垢、虫歯、エナメル質の変質などがあります。
このうち、外的要因による、タバコや食べ物などが原因の歯の黄ばみを落とす方法としては、歯を白くする歯磨き粉を使用する方法、歯医者さんで歯を白くするオフィスホワイトングやホームホワイトニングなどの方法があります。
虫歯やエナメル質の変色、神経が死んだ歯の黄ばみなどを白くするには、被せ物をする方法が一般的です。
また、レーザーや超音波によるホワイトニングも歯を白くすることができます。レーザー治療は、歯科医によって使う機種が違うため、一概には言えませんが、効果があるものと、あまり効果が無いものもあるようです。

歯を白くする歯磨き粉

歯を白くする歯磨き粉には、研磨剤を使用して歯の表面を磨くもの、化学反応によって歯の黄ばみを落とすもの、粘土や消しゴムのように歯の表面の汚れを付着させてとるものなどの種類に分けられます。
歯が白くなるためには、歯に付いた汚れを取る必要があります。しかし、強い力で歯磨きすれば、表面が傷つき、エナメル質が剥がれてしまい、歯の黄ばみを深刻にしてしまうこともあります。
歯医者さんでオススメの歯磨き粉を使うのが安心です。歯科においてある歯を白くする歯磨き粉で多くみられるのが、 「トゥースプロフェッショナル」「コンクール クリーニングジェル」などの様版が良いようです。
「セッチマ(settima)はみがき」は、ソニープラザや量販店、ドラッグストアなどでロングセラーの歯を白くする歯磨き粉です。
また、歯を白く見せるための歯のマニキュアなども手軽に自宅で出来るホワイトニングですね。

歯医者さんで歯を白く

歯を白くするためには、歯医者さんで相談される事もオススメです。歯科医院では、歯を白くするための解決策をいくつも持っていて、その患者さんにピッタリの方法を選んでくれます。
芸能人のように歯を白くしたいなら、セラミックなどで被せる方法があります。オールセラミックやラミネートベニアと呼ばれる治療法で、歯の表面を薄くて白いもで覆い、歯を白く見せる方法です。
時間がない人には、レーザーホワイトニングや、自宅で行うホームホワイトニングを勧めますし、自分の歯をそのままきれいにしたい場合には、オフィスホワイトニングやレーザーホワイトニングによって、歯を傷つけることなくホワイトニングが可能です。
また、歯の表面の汚れを取ってもらったり、歯垢を取り除いたり、虫歯の治療を行うだけでも、歯の輝きは違ってきます。少なくとも半年に一度は歯医者さんで定期適に診察を受けると良いでしょう。

毎日の習慣に!医学博士が開発したオーラルケアシリーズ

ポリリン・トライアルセット
Copyright © 2008 歯を白くする方法